漫画・アニメ

『ドカベン』の岩鬼は、なぜ葉っぱをくわえているんですか?

結論

岩鬼が葉っぱをくわえている理由は、赤ん坊の頃からおしゃぶりを嫌がり、葉っぱを咥えており、そのまま口から離さなくなったからです。

 

 

岩鬼から「生えている」わけではないが、葉っぱは岩鬼の精神状態を反映し、花が咲いたり弱ったりする。

奇策を持って打席に向かう岩鬼。 葉っぱも花が咲いている。

ちなみに、岩鬼が咥えている葉っぱの名前は「いわ木」というらしい(作者談)。

 

 

『ドカベン』岩鬼とは

ドカベンにおいてやることなすこと桁外れな選手。

ここぞという場面で豪打を放つ恐怖の1番バッターとして、チームを度々救う。

「悪球打ち」が代名詞で、ボール球は危険球すらホームランにできるほど得意だが、一方でストライクゾーンのボールは全くといってよいほど打てない。(というか本人はボールだと思っている)

これは小学生時代、あまりに打つので全打席敬遠されるため、ボール球を打つ練習をしたことに起因している。

岩鬼は、ダイエー・王貞治と巨人・長嶋茂雄のON監督から1位指名を受けてプロ入りし、何度もホームラン王を獲得している。

 

基本情報

誕生日:1977年4月1日

身長:195センチ

体重:120キログラム

 

球歴

明星小学校
鷹丘中学 4番ピッチャー
明訓高校 1番サード
作者の水島談では「高校通算2割9分、50本」とのことだが、プロ野球編「高校通算4割」とされている
1994 ダイエー・王貞治と巨人・長嶋茂雄のON監督から1位指名。ダイエーに入団が決まる。
1995 福岡ダイエーホークス1番サードに定着。
開幕プレイボール本塁打 ※プロ初打席は史上初
年度成績:31本塁打(1位山田まで1本差)、ベストナイン獲得。
1996 本塁打王:41本
1997 開幕プレイボール本塁打
通算100本塁打、本塁打王:40本
1998 オープン戦:サイクルホームラン
開幕先頭打者本塁打
本塁打王:40本(山田とタイ)
1999 前半戦終了直前:.230 8本塁打 25打点
日本一:MVP
2000 オープン戦で打率6割2分を記録。※バント・バスターを多用。
リーグ優勝、日本シリーズ敗退
ベストナイン+ゴールデン・グラブ賞
2001 1試合4本塁打:4打席連続
1試合18塁打:プロ野球タイ記録。※2008年山田に抜かれる
本塁打王:53本(山田とタイ)
2002 本塁打王:50本(山田とタイ)
2003 開幕戦4打席3本塁打
1220試合連続出場:入団一年目開幕戦~10/7
本塁打王
日本一達成
2004 東京スーパースターズへ移籍。
開幕プレイボール本塁打
2005 開幕プレイボール本塁打
.239 42本塁打 100打点
2006 シーズン終了時:通算397本塁打
通算三振のプロ野球記録を更新※12年間で2399三振
1685試合連続出場:入団一年目開幕戦~シーズン終了
2007 開幕プレイボール本塁打
2008 年度成績:34本塁打
2010 プロ通算打率が3割を越えていることが判明(ほんまか?)
2012 通算3割3分

詳しくはこちらを参照。

岩鬼の銅像の葉っぱ騒動

ちなみにドカベンの作者水島新司の出身地、新潟市古町では街のシンボルとして『ドカベンロード』があり、中には岩鬼の銅像がある。

トレードマークの葉っぱも見事に再現されているが、何度も折られたり、盗まれたりしており、18年1月には器物破損容疑で無職の男が逮捕されている

2018年当時、葉っぱが折られてしまった岩鬼像

 

頭を悩ませた商店街は、盗難防止のため、なんと葉っぱを着脱式に変更

商店街の環境整備担当が夜に葉っぱを外して、朝になったら再度装着しているそうである。

人気キャラクターのトレードマークとはいえ、盗難はどんな事があってもやめよう。

岩鬼の葉っぱが着脱式に!

 

-漫画・アニメ
-

© 2022 暇つぶし雑学まとめ Powered by AFFINGER5